債務整理の影響

多くの人が抱えている借金問題について、債務整理を行うとどうなるのでしょうか。まず債務整理を行うには、弁護士に相談しましょう

法律事務所の債務整理では弁護士が代理人となり、貸金業者と取引を始めて手続きまで行ってくれます。個人へ貸金業者からの直接の催促も無くなります。債務整理中に貸金業者が正当な理由無しに個人に取立行為をすると、法律上厳しい罰則が与えられるのです。高い利息でお金を借りていた場合は、借金が減額されさらに過払い金が発生しお金が戻ってくることもあります。債務整理によって将来への不安は少なくなるでしょう。

ブラックリストもちろん、債務整理をするにあたってのデメリットもあります。信用情報には傷が付くでしょう。ブラックリストというものです。このブラックリストに載ってしまうと、5~10年登録され新たな借り入れが不可能となります。大きな買い物をした際のローンが組めなくなりクレジットカードも作れなくなりますが、5~10年待てばブラックリストから自動的に外されますので新たにクレジットカードを作ったり、借入をする事ができるようになります。

債務整理にはメリットとデメリットがありますが、債務整理をすることで最終的には信用情報もキレイになりますので早めの債務整理をする事をおすすめします。

債務整理の種類

お金債務整理とは、借金を整理する手続きにあたります。債務整理には4種類あります。一つ目は、任意整理といって借入先の金融会社と弁護士が交渉し、今後の利息カットをして月々の返済額を減らすことができます。二つ目は、自己再生といって任意整理をしても今後の借金返済が難しいという場合に行います。

債務総額の1/5に圧縮し基本的に3年で返していく方法になります。住宅ローンがある場合は、特約で住宅ローンをそのままにできますので持ち家を守ることができます。三つ目は、自己破産です。任意整理や自己再生をしても完済の見込が経たない場合に裁判所に申し立てて借金返済を免除してもらう方法です。借金の支払い義務はなくなりますが、一定以上価値のある財産は失う事になります。四つ目は、過払い金返還請求といい、消費者金融や信販金融に対して払い過ぎた利息分を請求することができます。

このように債務整理にはさまざまな種類があります。まずは、法律事務所の無料相談サービスで相談をして、自分に合った債務整理を選んでみましょう。将来の生活が楽になることは間違えないでしょう。また、弁護士に相談することで、精神的ストレスも減り新たな道がひらけるのではないでしょうか。つづいては債務整理による影響について説明していきます。

法律事務所の債務整理

借金借金が膨れ上がって、大変なことになっているか方もいるのではないでしょうか?そんな人には、法律事務所での無料相談サービスを受けて債務整理をすることをおすすめします。弁護士に相談することで借金の額を減らしたり、今後の返済を楽にしたりすることができ、前向きになれるでしょう。

債務整理とは、金銭に関わる問題についてキレイに整理していくというものです。今の生活が苦しくて借金の減額をしたい方や、業者の取立行為で精神的に追いやられている方に対して弁護士がお助けしてくれます。債務整理には種類があります。「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」の4種類あり、どの整理の仕方をするかは、弁護士による無料相談サービスで相談しながら決まっていくでしょう。借金の額や、収入などの額からどの整理の仕方が良いか考えていきます。

良い弁護事務所の選び方については、まず、初回相談料が無料の事務所を積極的に選びましょう。実績のある事務所であるかだったり、費用の不安を最初に取り除いてくれる弁護事務所を選ぶようにしましょう。逆に、依頼後は連絡が途絶えてしまったり、折り返し電話をせず客商売の認識が薄れていたりするところや、料金体系が明確でなく、しかも契約書を作らないといった弁護事務所は選ばないようにしましょう。債務整理は良い弁護事務所選びと、状況によりどの整理を選択すれば良いかしっかり見極めてくれる弁護士に相談することが大事になります。自分に合ったベストな選択をしてください。


参考サイト<弁護士無料相談