債務整理の影響

多くの人が抱えている借金問題について、債務整理を行うとどうなるのでしょうか。まず債務整理を行うには、弁護士に相談しましょう

法律事務所の債務整理では弁護士が代理人となり、貸金業者と取引を始めて手続きまで行ってくれます。個人へ貸金業者からの直接の催促も無くなります。債務整理中に貸金業者が正当な理由無しに個人に取立行為をすると、法律上厳しい罰則が与えられるのです。高い利息でお金を借りていた場合は、借金が減額されさらに過払い金が発生しお金が戻ってくることもあります。債務整理によって将来への不安は少なくなるでしょう。

ブラックリストもちろん、債務整理をするにあたってのデメリットもあります。信用情報には傷が付くでしょう。ブラックリストというものです。このブラックリストに載ってしまうと、5~10年登録され新たな借り入れが不可能となります。大きな買い物をした際のローンが組めなくなりクレジットカードも作れなくなりますが、5~10年待てばブラックリストから自動的に外されますので新たにクレジットカードを作ったり、借入をする事ができるようになります。

債務整理にはメリットとデメリットがありますが、債務整理をすることで最終的には信用情報もキレイになりますので早めの債務整理をする事をおすすめします。